IFRSの適用状況

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
l_081

東証が、9月1日に

「会計基準の選択に関する基本的な考え方」の開示内容の分析について

を公表しました。

 

「会計基準の選択に関する基本的な考え方」は、

平成27年3月期の決算短信から開示されており、

IFRSの適用状況と今後の適用予定を知ることができます。

 

開示内容の分析の対象となった会社は、

・2015年3月決算で、

・会計基準の選択に関する基本的な考え方を開示し、

・東証に上場している会社

が中心となっており、合計で2,374社です。

 

時価総額に占める割合でみると、

・IFRS適用済み68社(101兆円)

・適用を決定済み23社(15兆円)

・適用予定の会社112社(31兆円)

の合計で、分析対象の合計(525兆円)の24%を占めています。

 

それに対して、

会社数の割合でみると

(68+23+112)/2,374社=です。

 

つまり、今のところは海外に大きく展開するような

超巨大企業にしか、IFRSは縁のない話であると言えます。

 

そのため、

書籍、会計専門誌、ウェブサイト、監査法人などから

現在入手可能なIFRS導入事例や導入のノウハウは、

このような超巨大企業向けのものが、ほとんどではないでしょうか。

 

超巨大企業向けのノウハウなので、

とにかく慎重で、時間がかかる

という特徴があります。

 

なかでも、

・会計方針の検討

・影響度調査・分析

・マニュアル・指針の整備

といった、開示や数字を作る以前の

下準備にとにかく時間をかけます。

 

失敗は許されないので、仕方ないのでしょうが、

いわゆる中堅企業や大企業の子会社向けには、

やり過ぎだと思います。

 

中堅企業や大企業の子会社が

最少コストでIFRS導入するためには、

こちらの記事で書いた方法がベストだと信じています。


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/users/1/lolipop.jp-8552a70d76a2bfb/web/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 312