幻の会計基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Phantom Ship / slobirdr

 

 

2015年6月30日に、ASBJが

修正国際基準(JIMS)を公表しました。

 

JIMSは、IFRSから以下の2つを

修正しています。

 

①のれんの会計処理

IFRSは非償却

JIMSは償却

 

②その他の包括利益の会計処理

IFRSはノンリサイクリング

(その他の包括利益をPLに戻さない)

JIMSはリサイクリングする

 

2016 年3月31 日以後終了する

連結会計年度に係る連結財務諸表から

適用することができます。

 

四半期では、

2016 年4月1日以後開始する

連結会計年度に係る四半期連結財務諸表から

適用することができます。

 

JIMSはなぜ作成されたのか?

 

正直、よく理解できません。

日本基準は正しいと主張するために

作成したのでしょうか。

 

私の会計処理に対する見解は、

基本的にASBJと一致しています。

 

中でも、「のれんは償却すべき」という

ところは強く同意しています。

 

しかし、私の意見はあくまでも

監査する立場の視点です。

 

のれんを非償却とした場合、

減損以外ではのれんが費用化されないため

のれんの減損テストが

とてつもなく重要になります。

 

しかし、のれんの減損テストには

以下の難しさがあります。

  • のれんの減損テストは見積もりの塊であることから、見積もりの過程で発生する個々の変数を操作することで、望む結果を得ることができること
  • 金額が巨額になり易いこと
  • 監査クライアントから報酬をもらって、監査をするという構造的矛盾

 

これらを考慮すると、

監査に期待されても限界がある

と考えています。

 

しかし、立場が変われば、

当然、意見も変わります。

 

のれん非償却を望む経営者もいます。

そのために、IFRSを導入するとしても、

それは経営判断として正しいです

 

経営者以外の財務諸表利用者でも、

のれん非償却を望む人はいます。

 

様々な立場から考えれば

のれんの償却、非償却に優劣はつけられない

だからこそ、議論が活発になっているのだと思います。

 

しかし、議論も収束していないのに自分の意見を

貫くために新しい会計基準を作ったのだとしたら、

早計だったかと思います。

 

JIMSは、IFRSではないという点で

何1つ日本基準と変わらず、

企業がJIMSを適用するメリットが見えてきません。

 

時間とお金をかけて作成した会計基準のはずですが、

1社も適用しない幻の会計基準となるのでしょうか。。。