「税効果会計」の記事一覧

今日が税効果会計本の発売日です

51rzWULiChL

ようやく税効果会計の本が完成しました! このブログみたいな話しことばで書いています。 他のアカデミックな本のように 難しい言葉を使うだけのボキャブラリーが自分にはありませんが、 伝わることの方が大事だと思って書きました。・・・

新税効果基準 適用初年度の取り扱い②

7b0d679cf892eb6fc272b2242f63bde3_s

消費税の軽減税率を適用する範囲について、自民党と公明党で意見がまとまらないようです。 自民党は、生鮮食品だけを含める、公明党は、生鮮食品+加工品にすると、主張しています。 でもって、面白いのが、生鮮食品と加工品の線引きが・・・

新税効果基準 適用初年度の取扱いは何が良いか

aaa3d5db5501e7d79edbeabdb2e060db_s

現在、検討中の「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針(案)」において、適用初年度の取扱いが議論になっているようです。 議論の対象は、適用初年度の影響額を 剰余金調整 損益 のいずれとするか、です。 公開草案では、剰余・・・

税率変更 公布日基準から成立日基準へ

59a17f329b58a298e239df73a6167805_s

現在、「税効果会計に適用する税率に関する適用指針(案)」 が企業会計基準委員会(ASBJ)で検討中となっています。 新しい適用指針では、税率変更を反映させるタイミングを、改正税法の「公布日基準(従来)」から「成立日基準」・・・

繰延税金資産の回収可能性の判定はなぜ必要か

Paperwork / kozumel

税効果会計の実務に初めて触れたのは10年以上前のことになります。 税効果会計が日本に導入されたのが2000年3月期なので、導入されてまだ間もない時期です。 その当時の私の感想は、「繰延税金資産なんて、いらないんじゃないの・・・

超過税率がある場合の法定実効税率の計算方法

Maths / ajc1

東京都における法人事業税、超過税率の改正条例が 2015年7月1日に公布されました。   超過税率は、資本金の額又は出資金の額が1億円を超える普通法人(外形標準課税法人)が対象です。 平成27年4月1日以後開始する事業年・・・

繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針(案)のポイントまとめ

5 / squidish

ASBJが2015年5月26日に、 「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針(案)」 を公表したので、ポイントをまとめました。   公開草案のポイント 文中引用部分は、 「コメントの募集及び本公開草案の概要」 からの抜・・・

繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針(案)の適用は、簡単な気がする

Red-Office-005-Smile / brycej

現在、繰延税金資産の回収可能性の判断指針(監査委員会報告第66号)の見直しが行われています。   見直し案である 繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針(案) では、監査委員会報告第66号の分類3の会社について、 以下・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ