「初心者向け」の記事一覧

決算書で注目すべき段階利益は何か

b7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_s

以前、決算書で最も重要なのは、「利益の推移」だという記事を書きました。 でもって、その記事に対して、「利益にもいろいろあるが、どの段階の利益を見るべきでしょうか。」というコメントがありました。 段階損益については、IFR・・・

決算書で読むべきたった1つのポイント

Financial Statement / lendingmemo

「決算書はここだけ読みなさい」このようなタイトルの書籍が多く出版されています。(特にこの時期多い気がするのですが、気のせいでしょうか。) オーソドックスな流れとしては、BSからはじまり、PL、キャッシュフローと理解し、財・・・

コンプライアンスとは?コンプライアンスの意味まとめ

コンプライアンス2

フォルクスワーゲンの排ガス不正問題がたいへんな盛り上がりを見せています。 コンプライアンス違反の事例としては、過去最大規模の不祥事となりそうですね。 コンプライアンスの重要性は、ずっと前から認識されていますが、今後、さら・・・

不正とは?不正の論点まとめ

不正のトライアングル

オリンパス、大王製紙、東芝と、毎年のように、どこかで不正が発生し、その都度、大きなニュースになっています。 なので、不正を見聞きする機会は多いと思うのですが、「不正とは何か?」と考える機会は少ないのではないでしょうか。 ・・・

内部統制とは?基礎のおさらい

COSOフレームワーク

今回は、基礎的な内容として 内部統制とは何か?を、解説します。 日頃、内部統制という言葉を使っていても、 何か?と聞かれると意外と回答に困るものです。 なので、すでに「知っているよ」という方も 復習用としてご利用ください・・・

繰延税金資産の回収可能性の判定はなぜ必要か

Paperwork / kozumel

税効果会計の実務に初めて触れたのは10年以上前のことになります。 税効果会計が日本に導入されたのが2000年3月期なので、導入されてまだ間もない時期です。 その当時の私の感想は、「繰延税金資産なんて、いらないんじゃないの・・・

会計のおすすめ勉強法

Dictionary / greeblie

書店に行くと、 世界一やさしい会計の本 日本一使える会計の本 こんなに簡単、決算書の読み方   このようなタイトルの会計の入門書が たくさん並んでいます。   それだけ、会計に興味がありつつも、 苦手・・・

会計監査が必要な会社とその強制力

Dictionary / greeblie

会計監査人の監査が義務付けられる会社は以下のとおりです。 大会社(会社法328条1項、2項) 委員会設置会社(会社法32条5項) 会計監査人の任意設置を行った会社(会社法326条2項) 大会社は、会社法2条で定義されてい・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ