公認会計士だから何でも知っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
l_081

 

会計士になって間もないころ、

「クライアントは、会計士は何でも知っていると思っている。

だから、知らないことがあっても知っているフリをしろ。」

と先輩会計士に言われたことがあります。

 

でもって、私のいた監査法人は、

プロフェッショナルという言葉が大好きでした。

 

全体ミーティングやクライアントへのプレゼンなどでは、

  • 卓越したプロフェッショナル
  • 比肩なきプロフェッショナルサービス

という自分では思いつきもしない立派な形容詞が並んでいました。

 

本来の意図とは違うはずですが、

  • プロなのだから、知らないことは恥ずかしい
  • 知らないことを認めたら自分の評価が下がる

という雰囲気があったように思います。

 

実際に、私も

知らないことは恥ずかしいことだ

と思っていた時期がありました。

 

会社の人と話していて、自分の知らない話題になったときは、

適当な相づちで切り抜ける。

切り抜けたあとに必死に調べる。

ということをしていました。

 

知らないことは素直に認めた方が得をする

 

どんなに”卓越したプロフェッショナル”でも、

会計士の資格を持って提供できるサービスの全てを

網羅することはできません。

 

会計監査だけをとっても、

永遠に極めることができないと思えるぐらい奥深いものです。

 

そこで、程度の問題はありますが、

知らないことは素直に認めた方が得をすると気付きました。

 

まず、知っているフリで切り抜けることに慣れてしまうと、

適当にその場を終わらせるという悪い癖がついてしまいます。

 

その後の努力がいい加減になり、

私自身、猛烈に反省したことがあります。

 

次に、知らない場合は知らないことを素直に認め、

「教えてください」と言った方が、

クライアントに好感を持たれることが多いです。

 

頼られて悪い気がする人はいません。

「知らないの?しょうがないな~。」

という感じで親切に教えてもらえます。

 

自分で調べれば1時間のところ、

聞けば5分で済むこともあります。

 

質問であれば、知らないと言ったところで、

あとで、きちんと調べて適切な回答をすれば、

即答できないことに問題はありません。

 

 

知っているフリは、プライドだけが高くなってしまい、

自分の実力のなさを受け入れることがなくなって

その後の努力をしなくなります。

 

知っているという演出だけで、自分をプロに見せたところで、

実際には何も得られることがないので、注意が必要です。