監査法人はうさん臭くないです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
[180/365] Zen Moment / pasukaru76

 

 

私は、常々、行き過ぎた監査・検査は

現場の思考停止を生むと考えています。

 

自分で考えて行動した結果が、

マニュアルに従ったものでないと全否定され、

言われたことだけやるようになるためです。

 

しかし、6月19日に金融庁及び

公認会計士監査審査会から発表された

監査法人の処分を見ると、

監査法人の監査というものは、

必須であると痛感させられます。

 

金融庁 監査法人の処分について

公認会計士監査審査会 仁智監査法人に対する検査結果に基づく勧告について

 

さすがに行政処分にまで至る監査法人の

品質管理体制はお粗末すぎで、

大手監査法人では起こり得ないことです。

 

しかし、このような処分を例にして、

「監査法人は信用できない」と

ひとくくりにされるのを懸念しています。

 

東芝の会計不祥事などで

監査法人の責任追及が騒がれていますが、

監査では、「何も問題がないこと」があたり前で、

何か不祥事があると極端に目立ちます。

 

監査法人は「何も問題がないこと」を保証するために、

見えないところで世の中の想像以上に

監査の品質に対して努力しています。

 

もっと監査法人が信用されることで、

監査法人に対する監査や検査が緩和され、

監査上の個々人の判断がより尊重される

ようになればいいなと切に願います。