監査がうまくいかない本当の理由(その2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Paperwork / kozumel

監査対応をしていて

  • なぜ、こんなにたくさんの証憑を要求するのか?
  • 証憑を要求する取引の金額が小さ過ぎるのではないか?
  • その取引にリスクはない(合っているに決まっている)のではないか?

このような疑問を持ったことはないでしょうか。  

4~5年前ぐらいから、監査で大量の証憑突合が要求されるようになりました。

そのきっかけは、監査品質に対する外部レビューでした。
(外部レビューについてはこちらの記事をご参照ください。)  

PL項目(特に売上)に対する監査が弱い

BS項目の監査は残高があるのでやり易いのですが、
PL項目は残高がなく取引量も多いので、
主に分析に頼る監査が広く行われていました。  

それに対する外部レビューでの主な指摘は、

  • 売上に対して不正リスクを識別しているが、分析しかやっていない
  • 売上の前期比較(分析)は、実証手続ではない
  • 売上取引に対する詳細テスト(証憑突合)が必要だ

というものでした。  

売上に対して証憑突合を行う際に問題になるのは、その件数の多さです。  

売上が、小さな売上単価と大量の取引で構成されている会社の場合、
証憑突合の必要件数を算定する監査テンプレートに当てはめると 数百件となることがあります。  

証憑突合の件数が増え過ぎると何が起きるか

とにかく件数を稼ぐために、以下のような突合しやすい
(合っているにきまっている)取引が選ばれます。

  • 入金記録が売上と1:1で対応している。
  • しっかりした検収明細を得意先が送ってくれる

その逆の取引(入金記録と売上の紐付きが難しい、検収明細がない)を選べば、
監査が終わらなくなります。  

請求書は、監査を受ける会社が作成する資料なので 有効な監査証拠とはみなされません。  

必要件数を充足しないと監査が終わらないため、
監査スタッフは必死です。  

その結果、監査の本来の姿である「リスクアプローチ」の逆をいく、
「リスクのないところアプローチ」が行われることになります。  

監査人はバカなのか

もちろん、監査人も大量の証憑突合をこなすことに意義は見出していません。
クライアントに迷惑をかけている認識もしっかりと持っています。  

そのため、外部レビューがあった際には全力で反論しています。

我々が想像できる全ての反論を試みて、それでも歯が立たず、
このような監査になったとご理解ください。  

たとえば、リスクのある取引だけを抽出して証憑突合すると反論しても、

  • なぜそれだけがリスクなのか?
  • 他にはないのか?

と詰められて、結局、売上の全てが対象になったりします。  

万人が納得する理由をつけるのは非常に難しいので、
結果、監査が保守的になります。  

監査法人に向けられる目は想像以上に厳しい

以上が、監査現場が思考停止する環境の一例です。  

社会的責任の重さから、監査法人に対する 外部レビューが重要なのは間違いありません。  

しかし、監査法人は大手になるほど、
ある種理不尽なレビューを受けていて
レビューに対応するための監査を優先せざるを得ない状況
存在するということをご理解いただければ幸いです。