監査に耐えられるWACCの計算方法 1 - 概要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Maths / ajc1

固定資産の減損損失を計算する際の割引率として、
WACC(加重平均資本コスト)を使用することが多いと思います。  

しかし、WACCを計算するためにはとても多くの論点が存在し、 私も毎回混乱します。  

そこで、今回はそれらの論点を整理しつつ、
監査に耐えられるWAACを、お金をかけず自力で計算できること
を目標として、記事を書きたいと思います。  

WACCの計算式

通常、WACCは以下のとおり計算されます。

WACC = D x rD (1-tc) E x rE
D+E D+E

D: 有利子負債の時価
E: 株式時価総額 (自己資本)
rD: 負債コスト
rE: 自己資本コスト
tc: 実効税率  

しかし、割引率として使用するWACCは、税引前WACCです。
(割引対象となる将来キャッシュ・フローが税引前だから)  

そのため、以下の計算式になります。  

WACC = D x rD E x rE
D+E D+E

D: 有利子負債の時価
E: 株式時価総額 (自己資本)
rD: 負債コスト
rE: 自己資本コスト

WACCの計算で重要なこと

WACCを計算するために、
それぞれの変数をどのように取るかはまちまちで、
実務においても様々な見解があります。

本によってもいろいろな書き方がされています。  

客観的なデータだけでは足りず、
主観的判断もたくさん入ります。  

重要なのは、いいとこ取りと思われないことであり、
一度決めた方針を継続することです。

継続していれば、監査でNGをもらうことも少ないと思います。  

それぞれの計算項目を以下のように分解し、
次回以降、解説していきたいと思います。