Facebookが苦手な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
032

 

ウェブサイトのアクセスアップに有効ということで、

FBページを作成したのですが、

どうにもFBが苦手です。

 

その苦手意識から、私の基本スタンスは「見ない」です。

どうしても気になった場合には、「開いてすぐ閉じる」です。

 

お友達の充実したプライベートを見るのも、まぁ苦手ですが、

何よりも罪なのが、「いいね!」でしょう。

 

 

「いいね!」を期待してしまう

 

自分が投稿した記事に対して、

「いいね!」というリアクションを期待してしまいます。

 

たまに、「いいね!」を押してもらえると嬉しいのですが、

それは、あくまで善意として受け止めるべきで、

「押してくれないかなぁ」と期待してしまうのがイヤなのです。

 

人間誰しもが、人から認められたい、

褒められたいという承認欲求を持っていますが、

子供じゃないので、

進んでまわりからの承認を求めるべきではありません。

 

しかし、その承認欲求を「いいね!」が刺激します。

 

 

また、自分のFBページについて、

お友達に「いいね!」をお願いするボタンがあるので、

先日、お願いしてみました。

 

しかし、「いいね!」を強要しているんじゃないかと

これまた気になるわけです。

 

さらに、誰が「いいね!」を押してくれたのか、

わかってしまうのが最悪です。

 

個人レベルでリアクションを期待することになるので、

私にとっては、行き届き過ぎたサービスなのです。

 

 

「いいね!」を押してもいいのか

 

次に、自分が「いいね!」を押す場合です。

 

頼まれれば、どれだけでも押しますが、

自主的に押す場合、

 

たいして仲良くない(と思われている)人だと

「誰だ、お前は?」

とならないか心配です。

 

また、自分が誰に「いいね!」を押したかが

まわり人に見えるわけです。

 

そのことが、

「こいつ媚び媚びじゃねーか!」

と思われないか気になるわけです。

 

というわけで、考えすぎたあげく

「いいね!」を押さないという消極的な結論になります。

 

 

LINEも罪

 

よく考えれば、LINEも相手が読んだかどうか、

「既読」と表示されるのは、恐ろしいことです。

 

メッセージを送った以上、

相手にリアクションを求めるのは仕方のないことです。

 

「既読」かどうか、わからなければ、

  • メッセージに気付かなかったんだな
  • 忙しくて、読むひまがないんだな

 

と自分を納得させられますが、

それができません。

 

今でこそ、ほどよく、おじさんになったことで、

無視に対する耐性がついているので平気です。

 

しかし、自分が思春期のときにLINEがあったら、

気になりすぎて精神崩壊していた可能性があります。

 

今の若い人は、本当にたいへんだと思います。

 

 

結局最後はお願いになるのですが

 

というわけで、私のFBページに「いいね!」を押しても良いという

酔狂な方がいらっしゃれば、是非お願いいたします。

 

友達申請も大歓迎です。

右側のリンクからFBへとべます。

 

なんだかんだで、少しでも反応をいただけることが、

私のブログ更新の大きな励みとなり、テンションが上がります。

 

おっしゃっていただければ、

私も「いいね!」を100連打ぐらいさせていただきます。