なぜ公認会計士の書く文章は面白くないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
209

 

 

会計専門誌を読んでいると、

面白くない文章には共通点があります。

 

冒頭に以下の断り文句があります。

 

文中意見に係る部分は、筆者の私見であることを予め申し添える。

 

あくまで私見であって、筆者の所属する

組織の公式見解ではないと断っています。

 

この断り文句を書いているのは、

ほとんどが公認会計士です。

 

税理士を含む、ほかの士業では

あまり流行っていないようで、

公認会計士だけが過度に保守的に

なっている印象を受けます。

 

私見だと断っていますが、

この断り文句を入れている文章ほど、

どこに筆者の意見があるのか、

わからない傾向にあります。

 

会計専門誌を読む理由

 

会計基準の原文を読むよりも、

  • 要点がすぐにつかめそう
  • 読みやすそう
  • おもしろそう

 

と思うからです。

 

それには、事実だけでなく、

筆者の意見が必要だと思います。

 

会計基準であれば、筆者がそれを見て

  • どう感じたか
  • どう分析したか
  • 実務への影響をどう考察したか

 

そういう味付けがしっかりしている

文章は、短くても面白いです。

 

逆に、そのような味付けがない、

素材そのままの文章は、

会計基準の解説が冗長になりがちで

いまいち面白くないです。

 

リスク回避の意思表示

 

冒頭の断り文句は、自分の意見に関して

リスクをとれない(とりたくない)

という意思表示だと思います。

 

その意思表示をするがゆえに、

文中の意見が少なくなっています。

 

所属する組織が大きいほどリスクを

とれない事情はよく理解できますが、

もっと、自分の意見をずばずば書く人が

増えた方が面白いと思います。

 

自分も、ブログで文章を書いていて、

「間違えるのが怖い」という気持ちはあります。

 

しかし、間違えたら「ごめんなさい」

と謝って前言撤回します。

 

一貫性がなくなることは気にせず、

その時、自分が一番正しいと考えたことを

書くしかないと思っています。