最高のロジカル・シンキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Maths / ajc1

ピタゴラスの定理をご存知でしょうか?  

直角三角形の斜辺(もっとも長い辺)の長さの2乗が、
残り2辺のそれぞれの長さの2乗の和に等しい、
という定理です。

  ピタゴラスの定理  

フェルマーの最終定理は、
ピタゴラスの定理を少しだけいじったものです。  

nが3以上の数字の場合、 以下の数式を満たす自然数X, Y, Zは存在しない
という定理です。

  フェルマーの最終定理  

これだけを聞くと、「あー、そうなの」で終わりますが、
「それが本当か証明しろ」と言われると 数学史上最大の難問になるそうです。  

私がおすすめしたい本は、 この難問を解く数学者の超熱い物語です。  

  • 数学できなくても大丈夫です

私は高校時代、数学が苦手科目でしたが、
この本は一気に読めました。  

それどころか、嫌いだった数学に 興味を持つことができました。  

数学ができなかったことへの劣等感が
この本に手を伸ばすきっかけでした。
(数学できなくても会計士になれます。)  

  • 「証明する」というのが、どういうことか理解できます

監査は、「だいたい合っています」で許されますが、
数学にだいたいはありません。

0.00000000000001でもずれる可能性があったら
証明できたことにはなりません。  

監査が数学だったら、会計士は全員死亡です。  

  • ロジカル・シンキングとは、どういうものか理解できます

  「素数は無限に存在することを証明する」というくだりがあります。  

「そんなのどうやってやるのよ」と普通の人では
不可能に思えることを数学者は証明してしまいます。

しかも証明がめちゃくちゃロジカルで美しいです。  

数学者よりロジカルな存在はない
ということがよくわかります。

素人でもそれを理解できるのがこの本のすごいところです。

日々、数字にふれる会計士や経理マンこそ、
この本を読むべきではないでしょうか。  

数学をとおして見る数字は、
会計をとおして見る数字とは別世界です。

今までとは違った数字の見方ができます。  
ゴールデンウィークのお供に是非どうぞ。  

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)